【21-22 Newモデル】すべてのエリアでカービングを堪能できる「POWERHOUSE LYT」

【21-22 Newモデル】すべてのエリアでカービングを堪能できる「POWERHOUSE LYT」

来季モデル試乗会で「乗りやすい!」と評判だったのが、21-22シーズンのニューモデル「POWERHOUSE LYT」。3D地形を含むすべてのエリアでカービングを堪能できる、というこのフリーライディングモデルについて解説!

About
POWERHOUSE LYT

どこをすべるのも楽しいから
思わず創造力を掻き立てられる!

誰でも扱いやすいミドルフレックスで、どんなコンディションでも高い走破力を発揮するハイブリッドキャンバーモデル。ボードを軽量化しパフォーマンスを向上させるテクノロジー「LYT TECH」が採用されているから極めて軽量! 力まなくても簡単&スムーズにカービングできるから、どこをすべるのも楽しい。3D地形やパウダーを含むすべてのエリアでフリーライディングを堪能でき、ジャンプを織り交ぜたライディングなど、思わず創造力を掻き立てられる1本だ。

What’s
LYT TECH?

モデル名についている「LYT」は「ライテック」という、ボードを軽量化しパフォーマンスを向上させるテクノロジーの略称。この軽量化を実現しているのが、headの開発したヘキサゴナルコアという芯材パーツで、「ヘキサゴナルコアをそれぞれのモデルにどう搭載するか」これによって、それぞれのボードが本来もっている性能をさらに引き出すことができる。「軽量化」と「パフォーマンス」。このふたつを紐づけたのが「LYT」だ。

前原大和もPOWERHOUSEを乗りこなすライダーの1人。谷川岳では普段近づくことも許されない斜面をも攻める大和は、普段のゲレンデライディングでは、この板でリラックスクルージングを楽しんでいるようだ。