兵頭龍に聞いた【ファステック】と【マルチエントリー】、それぞれの利点&選び方

兵頭龍に聞いた【ファステック】と【マルチエントリー】、それぞれの利点&選び方

「どんなバインディングを使用するか」。これで滑りとスタイルは大きく変わる。「どのモデルを選ぶか」ということも大切だけど、「どんな装着システムが採用されたバインディングか」ということも重要なポイントとなる。SPバインディングには、【ファステック】と【マルチエントリー】という2種類の装着システムがあるが、それぞれどういう利点があるのだろう。兵頭龍に聞いた。

【ファステック】

ヒールカップがなく、ハイバックをあげて足全体をツマ先側に押し込むように力をかけて装着するリアエントリーシステム。

【マルチエントリー】

トゥカップとアンクルストラップのエボバックルを外すとストラップが緩む。ハイバックを倒さなくても着脱できる。


—【ファステック】と【マルチエントリー】、それぞれ、どんなシーンで使いやすさを感じますか?

兵頭:【ファステック】は、着脱に時間がかからないので、朝イチのパウダーを滑るためにリフトに並ぶのが遅れてしまっても4、5人は抜けます(笑)。それぐらい早く履けるのが最大のメリットですね。慣れればとにかくラクで、ほかのバインディングはもう使えません。【マルチエントリー】は、パウダーで着脱できるのがすごくいい。たとえば、パウダーでハマってしまった時はハイバックを下ろしてエスケープするのはすごく難しいですが、マルチエントリーシステムの場合はラチェットでストラップを外せるのでエスケープがラクです。また滑りながらストラップを微調整できるので、シチュエーションに合わせて微調整できるのもいいですね。

—ハイクアップをすることが多い状況などではいかがですか? 実際に使用していて「こう使えば快適に使える」という方法があれば教えてください。

兵頭:ハイクアップすることが多い状況は【ファステック】がおすすめです。脱ぎ履きが早いのでハイクアップには最適だと思います。少しだけアンクルストラップを緩めておけば、さらに脱着が簡単になりますよ。

それぞれ、どんな人に向いていると思いますか?

兵頭:【ファステック】は、とにかく早く滑り出したい人、ラクをしたい人、【マルチエントリー】は、パウダーを滑る人、滑りながらストラップを微調整したい人、立ったままビンディングが履けない初心者に最適だと思います。


【Profile】
兵頭龍 (ひょうどう・りゅう)/1987年4月14日生まれ、長野県出身。
■身長/180cm■スタンス/58cm
■アングル/ 前9度、後ろ-6度
■ホームマウンテン/黒姫高原スノーパーク
■好きなライディングスタイル/フリーライディング