「自分の夢」「みんなの期待」を胸に、がんばる14歳/中川綾乃

「自分の夢」「みんなの期待」を胸に、がんばる14歳/中川綾乃

4歳からスノーボードを始め、今年でスノーボード歴10年になる中川綾乃。プロスノーボーダーになることを目標に頑張り続けた彼女にクローズアップ!


—小さい頃からスノーボードをしているけれど「もっとがんばろう」「プロになりたい」と思ったきっかけは?
中川:スノーボードは父の影響で始めたのですが、小学4年生の冬にプロスノーボーダーと一緒に滑った時、「私もスノーボード上手くなりたい! もっと頑張ろう」と思いました。それと同時にプロスノーボーダーにもなりたいと思いました。

—19-20シーズンはどんなシーズンだった?
中川:初めて海外遠征で中国に行って雪上トレーニングをしたこととプロ資格を取ったことです。北海道で行われた「FIS SAJ 2020 JAPAN SLOPE STYLE Asian cap Niseko HANAZONO」 では、6位に入賞し、自分の持ってる実力が通用する事を感じました。

—今14歳で、学校の友達と遊びたいと思うこともあるだろうし、練習がしんどいと思うこともあると思います。それでも「スノーボードを頑張りたい」という気持ちになるのはなぜ?
中川:「自分の夢を叶えたい」という気持ちがあるからです。そして、応援してくれる家族や友達、コーチの期待に応えたいからです。

—シーズン中は毎日どんなトレーニングをしていましたか?
中川:平日は学校が終わってからトレーニングをして、土日は雪上に行って練習をしていました。

—オフシーズンはどんなトレーニングをして、シーズンインまでにどんな準備をしておく予定ですか?
中川:怪我をしない体作りとジャンプ施設での練習をして、シーズンまでにはどんな大会でも勝てる様な技を身につけたいです。

—将来はどんなライダーになりたい?
中川:みんなに尊敬されて、憧れるライダーになりたいです。憧れのライダーは、アンナ・ガッサー。常に攻め続けてる所が憧れます。

—今の目標は?
中川:ナショナルチームに入る事です。

—今使用しているギアは?
中川:ボードは ARCHITECT、バインディングはNX SIX、ブーツはEIGHT BOAです。

—それぞれ、どんなところが気に入ってる?
中川:ボードはカービングがとてもしやすい所が好きです。私はスロープスタイルをメインでやっていますが、実はフリーランがとっても好きなんです。だからカービングがしやすいと朝から気分が上がります。バインディングはハイバックの硬さを調節できる所が好きです。あと、すごく装着しやすい所が好きです。ブーツは、自分の好きな硬さに調節できるので自由自在に滑ることができて気に入っています。この3つがあれば何でもできちゃいます! これからパークを頑張りたい人にすごくおすすめですよ。

【Profile】
中川綾乃(なかがわ・あやの)/ 2005年12月20日生まれ、東京都出身。
■身長/153cm■スタンス/48cm ■アングル/ 前9度、後ろ-9度■ホームマウンテン/神立、星野リゾート■好きなスタイル/BS900ミュート