19-20モデル 待望のアップグレード、SLAB.ONEのニューハイバックをプロスノーボーダー石川敦士が解説。その性能とは?

19-20モデル 待望のアップグレード、SLAB.ONEのニューハイバックをプロスノーボーダー石川敦士が解説。その性能とは?
19-20モデル SLAB.ONEのニューハイバックを石川敦士が解説
19-20モデル SLAB.ONEのハイバックがアップデートされた。そのハイバックの使用感をプロスノーボーダー石川敦士が解説する。高く飛ぶことをスノーボードの醍醐味と語る彼のライディングスタイルと共に解説する。

ビッグジャンプを得意とする石川敦士(SLAB.ONE)
ハイバック下部にアルミのプレートが配備された
ベースからの反応が良い。ハイバックを上げた時に感じるかかとのホールド性が高まっている。
1シーズン使った感想は?

▼今まで通り、横への動きは柔軟でいてスタイルが出しやすく凄くいい
▼かかと方向への反応、縦の反応は速く強くできる
▼カービングを差し込むとき(入り)がしやすい
▼パウダーを滑る時の3Dの動きがしやすかった
▼凄く反応が速くクイックに動いてくれる良いビンディング

横(ノーズとテール方向)への柔軟さと縦(つま先とかかと方向)への強く速い反応を理想とするスノーボーダー、石川敦士のようにビッグジャンプやパウダーエリアでのアグレッシブなライディングを好むスノーボーダーにはぜひ使って欲しいビンディングだ。

昨シーズンの石川敦士のライディングは以下で見られる。彼をフォローして欲しい。本編のリリースが非常に楽しみだ。

https://www.instagram.com/p/Bo5YHs3BxHr/?utm_source=ig_web_copy_link

19-20モデル SP Bindings デジタルカタログこちら

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp