ニューボード KIZAMU(キザム) event 開催報告

ニューボード KIZAMU(キザム) event 開催報告

KIZAMU_EX_ol_send

head Snowboardsから19-20モデル ニューシェイプとして登場するのが「KIZAMU」(キザム)だ。2019年秋の発売に先駆けて、2019年1月白馬八方尾根スキー場にてKIZAMUを試乗しながらライダーやスタッフと一緒に滑るというイベントである。そして、ファンなEUROCARVE CONTESTを開催、19日の夜には白馬八方にあるHEAD Cafeにて懇親会も行われた。

KIZAMU ボードのテーマは「ユーロカーブ」ターン、カービングを楽しむことをコンセプトにプロダクトされている。ユーロカーブとは1990年代のスノーボードスタイル、カービングが主流だった時代のこと。アルペン用のギアでターンをスタイリッシュに滑り、スピード感を楽しんでいた。

我々は、新たなスノーボードの楽しみ方を提案したい。スノーボードとは「ターン」ではないか。年齢やスキルも関係ない。スノーボーダーなら必ずターンを楽しんでいる。ジャンプじゃなくてもトリックじゃなくても誰でも楽しめるのが「ターン」なんだ。今一度、ターンと向き合い新たなスノーボードの楽しみ方を探求していこう。

head Snowboards のスローガン「Come Ride With Us」。KIZAMUボードをみんなで乗りながらライダーやスタッフと一緒に滑り、ターンを全力で楽しんだ2日間をレポートしていく。

1990年代のスノーボードはゴーグルが主流でもなく、ビーニーでもなくバラクラバでもなかった。我々の思う「ユーロカーブ」を楽しむにはまずは、格好から入るのが大事だ。今回の参加者にはhead Snowboardsの今回のイベントに合わせて用意したヘアバンドとサングラスをプレゼントし、気持ちを「ユーロカーブ」にセットし、楽しんだ。

左からライダー赤川隼多、鈴木瑠奈

ユーロカーブの時代のスノーボードを知らなくても楽しめてしまうマインドが最高だ。真剣にふざけて楽しむ。これが我々の楽しみ方だ。

これだけ集まると迫力がある

藤本健二(K&K)

おがたや(head Snowboards スタッフ)

気持ちが「ユーロカーブ」に入ったところで Come Ride With Usがスタート。初めて乗るボードにも関わらずアグレッシブなターンを楽しみ、考え、成長をしていた。参加者たちの写真を一部紹介していこう。

赤川隼多を先頭にカービングトレイン

今泉(ムラサキスポーツ岡崎)さんがリードし、ユーザーが背中を追う!最高にCOOLだ。

東京の老舗ショップTOWNPUMPのオーナー仁平さんは還暦を迎えてもこのカービングを見せる。Big respect !!!!

広島のプロショップK&Kのオーナー藤本健二のターンは極めてレベルが高い。KIZAMUの155,161,170まで乗りこなしていた。

得意分野でないカービングをモチベーション高くトライしていたスポーツデポ南松本の矢野さん。刺激的だったはず。

フラットトリックを得意とするスポーツデポ前橋吉岡の磯邊さんも楽しんでいた。格好がかなりマッチしていた。

栃木のプロショップSPLASHのオーナー山内さん。スピード感、経験から得た深みのある動きは素晴らしかった。

山内さんに育てられた塩田さんは綺麗なガールズカービングを見せていた。オーナーと成長するユーザー、これがプロショップの理想的な関係だ。

滑りで見せるライダー鈴木瑠奈。彼女のパワフルなライディングにみんな魅了されていた。

SLIDE LINE オーナー谷口尊人さん、理論的に考え、滑りを体現していく彼はスノーボード研究者!本当にすごい滑りをしていました。

この笑顔を見ればどんな一日だったかがわかる!Nice smile !!!!

19日に行われたKIZAMU Contest !!!

赤川隼多賞をGETしたダブルハンドのヒールサイドターン!素晴らしい!

リバースターンやビッテリーターンを多彩に披露していた彼が鈴木瑠奈賞をGET

Contestに参加していただいた皆様!ありがとうございました。入賞者の皆様!おめでとうございます。これからもターンを楽しんでください。

夜はHEAD Cafeに場所を移し、懇親会。今日の1日を振り返り、KIZAMUやターンについてトークが盛り上がっていた。KIZAMU PVを上映しながらの時間は自分のイメージとすり合わせをしていたはず。

HEAD Cafeにご用意していただいた美味しい食事と美味しいお酒はたくさんの笑顔を生んでいた。素敵な時間をありがとうございました。

HEAD Cafe

白馬へお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。

会場にはKIZAMUのPVを流し、真剣な眼差しでみんな見ていた。

パーティーもあっという間に時間が過ぎ、楽しい1日となった。

KIZAMU eventに参加していただいた皆様、ありがとうございました。美味しい食事とお酒をご用意いただいたHEAD Cafeの皆様、ありがとうございました。そして、イベント開催にあたり多大なるご協力をいただいた白馬八方尾根スキー場(八方尾根開発株式会社)様、ありがとうございました。

白馬八方尾根スキー場

おまけ

参加者からユニークな写真をご紹介!楽しんだもん勝ち!ありがとうございました!