さらなる快適性を高める機能

SP Bindings の基本は、一度、ブーツに合わせて調整を行うだけで、都度の調整が要らないことです。ただ、それでも必要になる時があります。雪のコンディションや滑走するコース、パークなどによって、すぐさま微調整ができるという事は心強い味方になると共に、高い快適性にもつながっていきます。

アンクルストラップは、よく動かす足首に関連するパーツなので、特に気になる部分かもしれません。
そんな時は、ストラップ内側にあるEVOバックルを使用して調節します。このEVOバックルは、少し特徴的なので、以下の図と共に確認をしてみてください。調整後は、バックルレバー部分を”カチッ”というまで押し込み、ロックを忘れないで下さい。

 

ジャンプやカービングをフルスロットルで滑走する際、アンクルストラップは通常以上に締めたいものです。がっちり締めるた時、滑走時は良いのですが、リフトに乗る際に窮屈に感じます。そんな時に便利に働く機能が “リフトリラックス “です。下の画像の緑色のボタンを引き上げるとバックルが解放され、ビンディングを解放しなくてもアンクルストラップに一定の緩みが生まれるので、リフト乗車中、快適に過ごせます。

滑り出すときには、バックルが上がっているので、しっかりバックルを締めて滑走して下さい。

この記事に関してご質問等ありましたら以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA