ターンからターンへ。スムーズな切返しにはセンタリングが必要です。

ターンからターンへ。スムーズな切返しにはセンタリングが必要です。

スムーズで綺麗なターンをするには、ターンへの導入が肝心です。
そして、その“ターンへの導入”を理想的なポジションで行うには、ターンとターンを繋ぐ切返しにあります。この切返しを意識することで、皆さんのスノーボーディングがガラリと変わるはずです。是非意識してみてください。

そして、この”切返し”をバランス良くスムーズに行うには、ブーツ、ビンディング、ボードの3点をどのポジションに取り付けるか? が肝心になります。そうです。ブーツとボードをつないでいるビンディングで調整するのです。
具体的は、センタリングと呼ばれる調整で、これは、ビンディングのセンターディスクで行います。

そのセンタリングん調整について、ライダー:石川敦士くんが説明していますので、是非参考にしてみて下さい。

ライディングスタイルや個々の体バランスなどで、個人差はあれど、初中級者ぐらいの間は、この動画を基本にセッティングしてみてください。

興味本位で、わざとセンタリングを崩してセッティングすると、このセンタリングの重要性が骨身にしみることと思います。お時間のある人は、安全を確保しトライしてみてください。

また、17-18 SP  Bindings のsLAB.ONE, Brotherhood, MOUNTAINは、チャネルタイプにも対応しています。ただ、ボードによっては、インサートが浅い場合もありますので、取り付けの際、ビスの長さには十分気を付けてください。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA