17-18モデル 全てのオールラウンダーに適した「CORE」

17-18モデル 全てのオールラウンダーに適した「CORE」

SP BindingsのスタンダードモデルCOREは、sLABベースを使用したモデルの中で、フレックス、足首周りの可動域がミドルポジションにラインナップします。SPビンディングを初めて使うのならばCOREからスタートして間違いのないモデルです。
足首周りに柔軟で広い可動域を求めるならばbrotherhood。
確かなホールドとアグレッシブなハードライディングを求めるならsLAB.one。
オールラウンドに、ベーシックライディングからパーク、ジャンプとこなしたい場合はCOREが最適です。


フットベッドはEVA素材をフラットに配備しており、足裏を自然に使えるようコンセプトしています。写真を見てください。フットベッドの両脇に見える極めて薄いのがベースプレートです。これだけ薄いベースプレートにEVAのフットベッドを配備し、足裏感覚を高めています。この極めて薄いベースプレートであるsLAB baseがSP Bindingsのアルミ精製技術の高さを表しています。足裏感覚がよく、軽量で反応が良いのが特徴です。


sLAB baseを使用しているモデルで、唯一センターディスクを樹脂ベースのものを採用し、柔軟でしなやかな動きを可能にする特徴があります。PRIVATEやFT270からステップアップしてきた場合にはCOREが一番使いやすくオススメです。


左右非対称に設計されたERGOハイバックを採用し、かかと側方向への動きもサポートしながら、適切なライディングレスポンスを可能にしてくれます。


FS2アンクルストラップを採用し、適切な位置にセッティングすることで足首を曲げやすい仕様になっています。センター部分を細くすることでブーツへのフィッティングを高めます。sLAB.one、brotherhoodのちょうど中間くらいのホールド性と足首周りの可動域を持ちます。


トゥーカップにはLight toe cupを採用し、超軽量で少し硬めの遊びの少ない素材を使っています。装着時はしっかりとしたホールドを持ちます。

<オススメユーザー>

△オールラウンドにこなしたいユーザー

△初めてのリアエントリー

△PRIVATEやFT270からのステップアップ

△フラットな足裏感覚を求めるユーザー

3種類のsLAB baseの特徴を理解し、選んでもらえると楽しいスノーボードの時間を過ごせると思います。
「この記事に関してのお問い合わせ:faq@uspj.co.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA