【22-23 継続モデル】ライディングパフォーマンスを引き上げてくれるE-PULSE LYT

headの全てを注ぎ込んだ「E-PULSE LYT」
ハイスピードでカービングを楽しめると
ライダー達からも支持の高いボード。
速度が上がる程に安定する、その理由を紐解いていく。

E-PULSE LYTは、ハイブリットキャンバー構造で
1.5cmのセットバック設計となるディレクショナルのカービングボード。
荒れたバーンやハイスピードでのターンでも、ボードが安定し乗り心地の良さを感じさせてくれる。
フレックスは硬めで極めて軽量に設計されながらも、
head独自のEMCテクノロジーを新しく採用したことで
ラディング中に生じるボードの不要な振動を抑え、
ハイスピードでの安定感を向上させる、中級者以上におすすめのボードだ。

E-PULSE LYT

EMC TECHNOLOGYとは?

head独自のEMC TECHNOLOGYとは、世界初の電気制御による振動吸収システム。
滑走中の微振動を受けたシステムが電気を発せさせ、その電気信号が電気を受けると固くなる素材に流れ込み振動を打ち消す。
振動を打ち消されたボードは、安定性と操作性が上がりライディングをスムーズにする

EMC TECHNOLOGYの搭載に加え、ノーズエリアにハニカム構造のヘキサゴナルコアを採用。
これにより重心と遠心力がかかるノーズエリアを約200g軽量化することに成功した。
ノーズエリアを軽量化することで、ターン後半でのエッジグリップが向上。
ターン中盤から後半で効率的にパワー伝達でき、
板がずれないきれいなカービングに仕上げることができる。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。