ショップ店員に聞いた!
20-21「DAY LYT」をオススメしたい理由

ショップ店員に聞いた!<br> 20-21「DAY LYT」をオススメしたい理由

今季さらなる浮力と俊敏性を備えて登場した「DAY LYT」。head Snowboardsのパウダーボードの象徴的存在であるこのモデルは、いったいどんなボードなのか。スポーツデポ上越店/スノーボードエキスパートアドバイザーの上市さんに話を聞いた。

—今季のDAY LYTはどんなモデルだと思いますか?

上市:一言でいうとフリーライド系のオールラウンドボード。パウダー・地形・春雪・カービングをすべてこなせるモデルで、フリースタイルな滑りもある程度はこなせます。「KIZAMU」のようなに尖ったスキルがある板ではないですが、どんな状況下においてもスノーボードを楽しめるので、ゲレンデコンディションや気候状況で迷ったら、これ。「DAY LYTを持っていけば、何とかなるでしょ!」というモデルですね。

—昨シーズンまでの「THE DAY」から、どのようなポイントが進化したと思いますか?

上市:一番は軽量化。軽くなったことに感動しました。実際に持ち上げて感じる重量ではなく、ライディング時の板の操作で実感しました。ノーズの大きさからは想像できない“機敏さ”が、THE DAYより向上しています。前作の「THE DAY」は地面を這うような操作感(それも長所)だったのに対して、「DAY LYT」はフワッと浮き上がるような操作感。“7%軽量化”とカタログには表示されていますが、表記する数字以上に体感できました。

—どんな人にオススメしたいですか?

上市:パウダーだけではなく、カービング・ジャンプ・簡単なトリックもこなせてしまう万能ボードなので、シーズンをとおしてスノーボーディング(特にフリーライディング)を楽しみたい方。ツインチップの板との1枚持ちでフリーライド用の板を探している方や、初めてパウダー用の板を買おうとしている方にも、もちろんおすすめしたいです。