バインディングはどう選ぶのが正解!?

バインディングはどう選ぶのが正解!?

ブーツとボートをつなぐ大切な役割をもつバインディング。ボードとブーツ、それぞれの性能を生かすも殺すもバインディング次第とも言えるほど、重要なギアだ。今回は、バインディングの選び方についていくつかの方法を紹介。自分のレベルや目標とするスノーボード、滑るカテゴリーをスノーボード販売店スタッフに相談し、モデルを選ぼう。

【方法 1】
ビジュアル重視型で選ぶ

バインディングのデザインはハイバックに描かれるグラフィックによるものが多い。自分の求める滑りとそのバインディングの性能が違わなければ、グラフィックで選ぶのもありだ。「ウエアのパンツカラーと合わせる」「憧れのスノーボーダー使用モデル」を選んでスノーボードに対するモチベーションの上がるものを選ぼう。

【head Snowboards おすすめモデル】

NX SIX
NX FOUR

【SP Bindings おすすめモデル】

SLAB.ONE
MOUNTAIN


【方法 2】
ブーツとの相性を考える

自分が使っているブーツブランドや形状の相性がいいものから選ぶのもあり。ブーツとバインディングのブランドが同じであれば相性が合う場合が多い。また、カカト周りの形が似ていれば相性もいい。この選び方をする場合は使用しているブーツをショップに持参して、マッチングの確認をするのがいいだろう。いくつか候補があれば、自分のレベルや滑るスピード、好きなカテゴリーなどを考慮して選ぶのといい。

head Snowboardsのバインディングと
相性のいいブーツブランド

head Snowboards
Flux
Dedluxeなど

【方法 3】
ホールドタイプから選ぶ

一般的には2ストラップのビンディングが主流だが、他にも様々なタイプが存在する。そのひとつが、リアエントリータイプだ。ハイバックを倒し、スリッパのように足を入れたらハイバックを起こして止めるタイプだ。脱着が簡単で滑りの特性が強く出るため、一度そのタイプが好きになると他のタイプは使えなくなってしまう人も多い。そのタイプのバインディングはブーツとのサイジングが大事になので、ブーツを持参して選ぶようにしよう。

リアエントリータイプは、head Snowboards、SP Bindings 、FLOWから登場している。写真はSP Bindings。


セット販売のバインディングは?

スノーボードとセットで販売されているバインディングについても選び方がある。基本的にセットのバインディングは1種類だが、プラスオンしていくとバインディングをグレードアップすることができる。セットのスタンダードバインディングが自分のブーツに合わない場合は、プラスオンして相性の良いバインディングを選ぼう。

装着するネジ穴のタイプに気をつけよう

バインディングは一般的に、4つのネジでボードに装着する。しかし、ブランドや年式によって2つのネジや3つのネジでと装着する場合もある。自分のバインディングとスノーボードのネジ穴のタイプを知っておこう。モデルによってはセンターディスクを別途で購入すると対応できる場合もある。ひとつのセンターディスクで複数のタイプに対応できる場合も増えている。

ちなみにhead Snowboardsのスノーボードとバインディングは全て4点止めを採用。SP Bindingsはアルミのディスクは4点止めと2点止めに対応、樹脂ベースのディスク4点止めに対応している。樹脂ベースが付属されているモデルでもアルミのディスクを購入することで2点止めにも装着することが可能だ。