スタイルにこだわる人に! 20-21「BROTHERHOOD」

スタイルにこだわる人に! 20-21「BROTHERHOOD」

SP Bindings の人気モデル「BROTHERHOOD」。多くのライダーの足元をサポートし、常に高いパフォーマンスを発揮し続けているこのモデルは、一体どんなバインディングなのだろう。雨甲斐秀太郎に聞いた。

—「BROTHERHOOD」はどのようなところが気に入って使用していますか?

雨甲斐:アンクルストラップのブーツへのフィット感と、ハイバックの柔らかsaがとくに気に入っています。僕はパークや地形、ハーフパイプなどのRを滑ることが多いのですが、「BROTHERHOOD」はそういうシチュエーションで「スタイルにここだわったライディングがしやすい」というところが、このモデルを使う決め手になりました。

—このモデルはベースプレートが薄いですが、その利点はどんなところで感じられますか?

雨甲斐:まず第一に足裏の感覚をよく感じれるところがいいと思います。反応は十分に速いですが、力の伝わり方は程よくルーズで、それによる反応(遊び)が足裏の感覚の良さと相まって、低速でのライディング時にストレスなく滑ることができています。

—低速でのライディングというと?

雨甲斐:ジャンプやジビング、グラウンドトリックなど、比較的低速なライディングに適していると思います。空中でのグラブやターンの時の体のひねりや絞りを最大限に活かせますね。パウダーや春の柔らかい雪でルーズに滑ることにも適していると思います。

—ご自身のライディングをどのようにサポートしてくれていると思いますか? 

雨甲斐:ジャンプのグラブ時に目一杯表現できます。さらにはRや地形で板をズラす際にも、窮屈さを感じずにしなやかに反応してくれています。

—「BROTHERHOOD」を使用してよかったと思えるポイントは?

雨甲斐:自分らしいライディングができること。同じトリックをするにも、なるべく「らしさ」にこだわっていますが、可動域がいので柔軟にスタイルを表現できるところが1番好きです。リアエントリーという独自のシステムが採用されているので、脱着が早いこと、見た目にインパクトがあるところも、リゾートで人目を引くことができるので気にっています。