チームライダーが愛用するフリースタイルボード
20-21「ARCHITECT」の実力は!?

チームライダーが愛用するフリースタイルボード<br>20-21「ARCHITECT」の実力は!?

ジャンプ、ジブ、フラットトリック。パークやフラットバーン、地形など、様々なシチュエーションでフリースタイルに楽しみたいという人に今季おすすめしたいのが「ARCHITECT」だ。今回は、チームライダーにも愛されているこのモデルをクローズアップ! このモデルがなぜジャンプ・フラットトリック・ジブに向いているのか。その理由を紹介する。

ジャンプとフラットトリックに
必要な“しなり”と“反発力”

ARCHITECT」に搭載されているのが、ノーマルなファイバーグラスよりも強靭で軽量、カーボンよりも壊れにくい特性を持つバサルトファイバー。「配備した部分の耐久性を高め、しなりと反発力を向上させる」というこの素材をノーズとテールにVの字に配置。斜め方向にも高い反発力と粘りを生む。

トリックの幅を広げる
“ワイド”なノーズ&テール

ジブやフラットトリックで必要とされる安定性を生むと同時にトリックの幅を広げてくれるのが、ワイドなノーズ&テール。ノーマルキャンバーにほど近く、雪面から持ち上がった部分がフラットに設計された「ハイブリッドキャンバーポップ」というシェイプが採用されており、ライダーがボードを踏み込んだ際、コンタクトポイントを支点にノーズとテールを一段持ち上げることで、様々な地形に対応。スライドやタップがしやすい形状になっている。

ジブに必要な「板のねじれ」を
作りやすい“細め”のウエスト幅

ARCHITECT」は、両足のインサートホール間のサイドカーブを片側2mmずつ細く設計し、軽やかな操作性をキープ。ボードセンターのウエスト幅を細くすることで、ボード操作に大切な板のねじれを作りやすく設計されている。安定性と操作性を備えた形状となっているため、ジブでのスタイル出しに最適だ。