ショップ店員に聞いた
20-21のheadのイチ押しモデルを教えて! 【ボード編】

ショップ店員に聞いた<br>20-21のheadのイチ押しモデルを教えて! 【ボード編】

幅広いレベルに幅広いスタイル。様々なスノーボーダーにマッチするheadのスノーボードが今季もズラリ登場! 「その中でもおすすめなのは?」これを知るには、これまでheadの歴代のモデルの数々を見てきたショップ店員に聞いてみるのがいちばん。ムラサキスポーツ静岡パルコ店/スノーボード担当 小関さんにお話を伺いました。


—今季のheadのモデルは全体的にいかがですか?

小関:「スノーボードを始めたい」という方から本格スノーボーダーまで、それぞれの楽しみ方に合わせたモデルがそろっています。どんな方でも楽しめます。

—20-21モデルはどのようなところが進化したと思いますか?

小関:ボードに関しては現行モデルのアップデートに余念がないですね。いい部分は残したままバランスよく改良したり。あとバインディングとブーツも進化しています。やっぱり足回りは大事ですよね。ブランド全体として「進化していこう」という意志が進化に現れていると思います。

—今季イチ押しのボードは?

小関:「KIZAMU LYT」です。このモデルで一番気に入っているのはカービング性能です。どこまでもカービングできる感じがします。カービングがあまり得意じゃない方でも「え? 俺こんなにカービングできたっけ?」ってなると思います。僕の中でのheadの全体的なイメージは「自分のレベルを引き上げてくれる」というもの。ポテンシャルを引き出してくれるというか、自分が上手くなった気がするんです。上手くなった気がする……これって実際上手くなるんですよね。今まで気づけなかったことに気づけるようになるので。板を乗りこなせるようになった頃にはスキルアップしているし、本当にスノーボードを楽しませてくれる。最高のモデルです。

—今までのクルージングボードと違うと感じるところは?

小関:軽量化されているのでリフトで疲れにくい(笑)。あと軽いので、ワンサイズ上をチョイスできます。私がいつものサイズに合わせてチョイスすると155cmなのですが、ワンサイズ長くして161cmに乗ってます。他の板で161cmなんてとても乗り切れないですが「KIZAMU LYT」の軽さだから、長めのサイズに乗る選択ができますね。いつものサイズで取り回しやすくするか、サイズアップして欲張って乗るかって感じでしょうか。

—どんな人におすすめしたいですか?

小関:ゲレンデで遊べそうな地形をいつもチェックして上から下まで遊んでいる方。たとえば壁もバーンもギャップも遊びつくして下につく頃には足パンパン。でも速く次のリフト乗ろうよ、というスノーボード大好きな方たちや「カービングやフリーランを楽しみたい」「これからもっと上手くなりたい」という方。セカンドボードを探している方にも良いかもしれませんね。いろいろな方たちに当てはまると思います。1度乗ってみてください。とにかく楽しいです。