19-20モデル headのテクノロジーが詰まったハイコントラストレンズのTVT REDレンズを紹介

19-20モデル headのテクノロジーが詰まったハイコントラストレンズのTVT REDレンズを紹介

head Snowboards teamだけでなくHEAD SKI teamも使用しているTVT RED レンズでHEAD契約選手No.1の使用率を誇る。 前回の冬季オリンピック、前々回の冬季オリンピックでHEAD契約選手が使用しそれぞれの大会で10個以上のメダルを獲得している実績のあるレンズである。ハイコントラスレンズを採用しており悪天候(暗い時に凹凸がよく見える)に強く、レンズとレンズの間にミラー加工を施すことで傷が非常につきにくいことも長所である。

以下の動画を見るとハイコントラストレンズの見え方、レンズの内側にミラー加工をすることで傷がつきにくいことがわかる

head Snowboards JAPAN契約選手の使用感を紹介していこう

Yuuri Yoshika

国内外のスロープスタイル、ビッグエア大会を転戦している芳家裕里は全天候で使用している。天気のいい日はもちろん、悪いコンディションでも凹凸が見やすくて私の大切なツールです。自信を持って滑れるし、不安がない。そして、レンズを変える必要がないから同じ見え方で毎日トレーニングも大会に出れるのが嬉しい。そして、1年使っても傷がほとんどつかなくて調子がいいと語る。激しく転倒することも多いんですが、傷がつかないです。

Rina Yoshika

姉と同じく国内外の大会を転戦している芳家里菜も全天候で使っている。どんな天候でも飛ばなくちゃいけない私たちは視野、視界の確保にナーバスになります。大きなジャンプにハイスピードでエントリーしていくと視野が狭くなっていくんです。その時に、飛び出し口の状況を集中して見えるレンズは本当に私には必要なレンズです。今はこれがないとスノーボードができません。1年で1枚のレンズで十分です。

headのゴーグル TVT (Trans Vision Technology) レンズを使ってみてほしい。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp