19-20モデル SP Bindingsはトゥーカップとハイバックで挟むホールドだ

19-20モデル SP Bindingsはトゥーカップとハイバックで挟むホールドだ

一般的なビンディングは、フットベッドにブーツを置いてハイバックに合わせる。上から2つのストラップでホールドしていく。これが特徴だ。しかし、SP Bindingsは全く違うホールド方法をもつ。トゥーカップにブーツを収め、ハイバックをあげるときに押し込むようにホールドする。まるでロック(挟む)するように。最後にアンクルストラップで上からホールドする。これにより、トゥーとヒール方向への反応が驚くほど速い。ベースプレートがアルミ素材であることもさらなる反応の良さにつながっている。このホールドを体感すれば、病みつきになるだろう。この反応を一度体感するためだけに試乗会に訪れても損はさせない。それくらい感じて欲しいホールド性である。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp