19-20モデル 初中級者が着実にステップアップするボードたち DCT編

19-20モデル 初中級者が着実にステップアップするボードたち DCT編

19-20モデル head SnowboardsのラインナップにはKIZAMU LYTという上級者向けのボードから初中級者(これからターンを覚える、カービングを練習する、初めてのトリックを練習するレベル)に向けたステップアップ用のボードをリリースしている。そのシェイプはDouble Camba TotionというDCT形状である。以下のモデルがDCT形状を採用した初中級者に向けたステップアップボードである。

ダブルキャンバーの真ん中をフラットにし、ウェストをさらに細く設計することで板のねじれを行いやすくしている。全体のフレックスを柔らかくしなくてもねじれを行いやすくすることでスピード安定性と操作性を得ることができるのだ。初心者モデルは全体が柔らかいものが多く、滑れるようになってしまうと中級者コースでスピードを出すと不安定になってしまう。操作性と安定性のバランスがとても良いのが特徴だ。
また、このDCT形状は、ターンのエッジグリップがとてもよいのでカービング性能も高いのだ。硬い斜面やスピードを乗せた滑りには安定する。一般的なキャンバーは2つのポジションに加重して雪面を捉えるがDCT形状は4点で雪面を捉える。安定性の非常に高い形状と言える。

以上のことから

▲初めてのターンの習得
▲レンタルで何度かスノーボードを体験し、これからスノーボードを頑張りたい
▲思い通りの大きさのターンをしたい
▲カービングを練習したい
▲中級者コースを思い通り滑りたい
に適している形状、フレックスに調整している。head史上最短距離で基本滑走を覚えることができるオススメ形状である。

ねじれやすい形状
高いエッジグリップと操作性
そして、もう一つの特徴はトリック性能である。2つのキャンバーはプレス、スライド系トリックに適している。ボードの真ん中部分のねじれやすさはそのトリックをさらに引き立てる。ねじれはスピントリックやスタイル(個性)を作りやすくする。
少ない力でできるプレス
グラトリに最適な動きを可能とする

▲初めてのプレス、スライド系トリックを練習したい
▲これからスピントリックを練習したい
▲パークデビュー
▲グラトリデビュー
初中級者の基本滑走の上達、さらにその先に以上のようなスノーボードを楽しみたいスノーボーダーへ最適な仕上がりになっている。基本滑走➕トリックを考えているならDCT形状を採用したモデルを自信を持ってオススメする。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp