19-20モデル プロスノーボーダー石川敦士の一般的なビンディングとの違いと初めてのリアエントリーはSPがいい理由

19-20モデル プロスノーボーダー石川敦士の一般的なビンディングとの違いと初めてのリアエントリーはSPがいい理由

SP Bindingsはリアエントリーシステムを採用している。一般的な2ストラップビンディングはブーツをフットベッドに置き、2つのストラップで上から押さえるホールドである。 SP Bindinsgの場合は、トゥーカップにブーツのつま先を収め、ハイバックでグイッと挟み込むようにホールドする。このことにより一般的な2ストラップビンディングではセットできないホールドを作ることができる。最後に上からアンクルストラップでホールドする。

トゥーカップとハイバックで挟む
アンクルストラップで上から押さえる
この2方向からホールドすることがSP Bindigsの特徴である。

リアエントリーシステムを採用している2大ブランドはSP BindingsとFLOWである。ホールドの特徴としてSP Bindingsにはトゥーカップがあるが、FLOWは大きいストラップで足の甲部分を大きくホールドする。トゥー部分のホールドがある分、石川敦士は一般的なビンディングからリアエントリーを試すのであればSP Bindingsが違和感なく使いやすいためオススメだと話をしている。リアエントリーに興味のある方は、是非ともSP Bndingsからスタートさせて欲しい。一度使えば、石川敦士がSP Bindingsを選ぶ理由がわかるだろう。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp