19-20モデル head EIGHT BOAをプロスノーボーダー赤川隼多が語る。

19-20モデル head EIGHT BOAをプロスノーボーダー赤川隼多が語る。
赤川隼多 with EIGHT BOA

19-20モデル head Snowboards注目のEIGHT BOA!数年の継続モデルであったSEVEN BOAがアップデートされた後継機種である。フリースタイラーである赤川隼多の使用感を紹介。

角度のある斜面でも的確に雪面を捉える
EIGHT BOAの使用感は、とてもレスポンスが良くハイスピードでのターンにおいて特に安定して踏み込むことができるね。ブーツがスピードに負けることはまずないと言い切れる。だから信頼して、思い切りよく踏めるんだ。だから、こんなターンも楽しめるね。
AIRMIXでのハイエアー
レスポンスが良いのとハイスピード域の安定感が抜群。超ハイスピードでのアプローチでも恐怖心なく突っ込める。足首は良く曲がるけど、ノーズとテール方向へのフレックスはしっかりしているからこそこのブーツは最高だよ。耐久性も抜群。体で全体でブーツを曲げて踏み込める上級者の方はいままでにない安定感を感じれると思う。
低速で遊ぶトリック
ロースピードでのトリックやパークの時には2本ある上部のストラップを緩めてホールド感を変えます。足首が低速でも十分に曲がるくらいの緩さに調節しているよ。足首はBOA®︎フィットシステムで締めて、足のスネのホールドで微調整。こんなに頭の位置を移動できて、プレスやグラトリも対応できるブーツだね。
スロープスタイルを流す
パークを流すときはある程度、ちゃんと締めてはいるんだけどルーズな部分も残しているのが自分の好みかな。常に同じブーツの締め方ではなく、楽しむスピードやトリックの種類によって締め分けているよ。この調節がとにかくできるのが EIGHT BOAのいいところだね。シングルBOAや普通のダブルBOAではできないことができる。本当に調子がいいね。
スノーパークを流す赤川隼多
スキー場のミドルサイズと大会のビッグキッカーではブーツの締め方が違う。このことを一般の人も滑る時に調節するとスノーボードが楽しくなるし、やりたいことがやりやすくなるよ。ぜひ、試してみてね!
シーズンの後半になると柔らかくなるブーツのフレックスをプラスできるフレックスコントローラーというのがあるんだ。僕は、18-19シーズンにはこれをつかわなかった!それくらい耐久性のあるブーツだったよ。あとは、春は柔らかいブーツの方が動きやすいからってのもあるけどね!好みに合わせて入れてみてね!最初は抜いてから使うのがオススメ!
僕の使用感と使い方が参考になったら嬉しいな!19-20シーズンを思いっきり楽しんでね!

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp