19-20モデル どのカテゴリーでもポテンシャルを発揮するheadの万能ボード / オールマウンテンボードとは?

19-20モデル どのカテゴリーでもポテンシャルを発揮するheadの万能ボード / オールマウンテンボードとは?
19-20モデル head Snowboardsのラインナップの中でオールマウンテンボードの代表であるのがInstinctである。同じく、head独自のDCT形状を採用した初中級者用に設定されたオールマウンテンボードがDAYMAKERとSHINEである。また、headが提案する定番スノーボードの形ハイブリッドキャンバーポップを採用したARCHITECTである。それぞれがどのようにして万能に作用するのか?解説していこう。
head史上最高のオールマウンテンボードがInstinctである。どのエリア、どのカテゴリーでも高いパフォーマンスを発揮し、head独自のテクノロジーが搭載されている。
中級者以上のスノーボーダーへコンセプトされたオールラウンドモデルである。中速以上のスピード域で滑ることを想定した使用になっていてやや硬めのフレックスに設定されている。head独自の操作性抜群なDCT形状を採用している。360度に配備されたフレームウォールはパワー分配効率を高め、雪面へのパワー伝達や雪面からくる負荷をスムーズにコントロールできる。

ノーズとテールに配備するKERS(カーズ)反発力と粘りを、インテリファイバーは安定感をサポートする。あらゆるコンディションで、安定性を高める最新テクノロジーが搭載されている。
Instinct × 赤川隼多
head独自のDCT形状を初中級者用にデザインされたオールラウンドモデルがDAYMAKER LYTとSHINE LYTである。初中級者がオールラウンドモデルを探している。何かに特化したボードではなく、スキルアップを目的としたならばDAYMAKER LYT(男性用)、SHINE LYT(女性用)を選んでほしい。
左 DAYMAKER LYT 右 SHINE LYT
2つのモデルは同じコンセプトで作られ男性用と女性用の骨格、脚力に合わせて調整されている
操作性抜群のDCT形状をさらにアップデートし、ノーズ&テールエリアを軽量化することでさらなるウイングウェイト(操作性)の軽量化に成功している。中速度域以下での操作性において、これほど軽やかに動くボードは他にはないだろう。

これからターンを覚える
▲ターンを思い通りの大きさで滑りたい
▲カービングターンを覚えたい
▲グラウンドトリックを覚えたい、練習したい
▲180を覚えたい
▲コース脇にあるちょっとした新雪も滑ってみたい

何でも楽しみたい初中級者スノーボーダーに向けた我々の最高傑作である。

次に紹介するのは我々のチームライダー使用率No,1のARCHITECT(アーキテクト)だ。キャンバーにほど近いハイブリッドキャンバーポップ形状を採用し、スノーボード本来のベーシック形状にhead独自のアレンジを加えたフリースタイルの定番ボードに仕上がっている。ハーフパイプ、ジャンプ、ジビング、グラトリ、スイッチスタンスを含むフリーライディングを楽しめるオールラウンドモデルになっている。
男女ともにサイズで選ぶユニセックスボードになっていてノーズ&テールに配備された高反発素材であるバサルトストリンガーをV字に配備している。ターンでの加速、3D地形でのパンピング、ジャンプやスピントリックにおいて身体を加速させ一段高く持ち上げる。また、着地の際や高速滑走時の粘りを生み安定感を高める。高速シンタードソールも魅力の一つだ。ゲレンデを中速で滑ることができればアーキテクトを選んで楽しむことができるだろう。
アーキテクトでジャンプを楽しむ/Rider Akagawa Shunta
広いノーズとテールはアイテムをキャッチしやすい /Rider Akagawa Shunta
Rでのトリックも反発力がサポートする/Rider Akagawa Shunta
オールラウンドモデルの中でもダブルキャンバーベースのハイブリッドキャンバーDCTか、キャンバーベースのハイブリッドキャンバーポップか好みの動きを選び、自分のレベルと脚力と合わせてモデルとサイズを選ぶとベストチョイスができるだろう。headのオールラウンドモデルから選ぶならこの3モデルがオススメだ。

head Snowboardsデジタルカタログはこちらから
※19-20 head Snowboard デジタルカタログをクリックK

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp