19-20モデル headのフリーライディングボード / それぞれのコンセプトとは? KIZAMU & THE DAY編

19-20モデル headのフリーライディングボード / それぞれのコンセプトとは? KIZAMU & THE DAY編
左 KIZAMU LYT 右 THE DAY
19-20モデル head Snowboardsでは2つのライディングボードがある。2つの個性の溢れるモデル、KIZAMU LYTとTHE DAYについて今日は説明をしていきます。
2つのモデルは共にハイブリッドキャンバーポップ形状を採用している。セットバックは1.5cmに設定され、レギュラースタンスにおいての滑りをメインにしたディレクショナルシェイプである。共通点の多いライディングモデルながら2つには全く違う顔を持つ

KIZAMU LYTを解説

KIZAMU LYTは、中速以上のスピード域で高いパフォーマンスを発揮する設定になっている。カービングを含むターンを楽しむハイパフォーマンスモデル。
▲世界最高レベルの軽さ
▲圧倒的な安定感と強い反発力による加速
▲極めて高いテールエッジグリップの良さ
▲フリースタイル要素を残したノーズ形状
が特徴である。
中級者以上のスキル、脚力を必要とするがKIZAMU LYTを操れた時には今までに感じたことのないターンができる。スピード感、重力、キレ味は、唯一無二のボードである。誰もがスノーボードをしている時、ターンを楽しんでいる。年齢は関係なく今一度、自分のターンと向き合い、アグレッシブなターンを楽しんで欲しいという思いの詰まったモデルがKIZAMU LYTだ
<オススメユーザー>
▲ターンを楽しみたい
▲もう一度、向上心を持ってターンと向き合いたい
▲今の自分に満足せず、先のステージにあるターンをしたい
▲違うカテゴリーを楽しんでいたが、これからターンを極めたい
▲超高速シンタードソール


THE DAYを解説

THE DAYは、パウダーボードとしてのパフォーマンスを備えながらも驚くべきはグルーミングバーンでも楽しむことができる。初めてのパウダーボードとして扱いやすい仕様になっている。

<オススメユーザー>
▲ディレクショナル、ワイド設計、大きなノーズを持つテーバードシェイプが抜群の浮力を味わいたい

▲ハイスピードソール採用で滑走性を重視するユーザー
▲後ろ足の疲労を軽減しながら長時間のパウダーランを楽しみたい
▲ゲレンデクルージングも十分に楽しみたい滑走性能(圧雪バーン)
▲3D地形を滑るサーフライドやクルージングが好き
▲急斜面より初級、中級斜面においてフリーライディングする比率が多い

あなたはの好みはどちらのクルージングモデル!?

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp