19-20モデル パフォーマンスを驚くほど向上させるLYT TECH(ライテック)コンセプト

19-20モデル パフォーマンスを驚くほど向上させるLYT TECH(ライテック)コンセプト
19-20モデル head Snowboardsのボードとブーツに搭載されているニューテクノロジーがLYT TECH(ライテック)である。軽量な製品は、より長い時間を雪上で楽しむことができる。不可欠な要素に重点をおいたことで、パフォーマンス性デザイン性の両点において優れたギアを提供することができる。革新的なエンジニアリングと、ハイエンドな成分を組み合わせてできた製品があなたのパフォーマンスをより優れたものへと導く。
LYT  TECHが搭載されたスノーボードには各ボードコンセプトに合わせて配置し、軽量化と合わせてパフォーマンス効率を高めている。KIZAMU LYT 155cmでは、LYT TECHを採用した場合に22%の軽量化が可能となる。ANYTHING LYT 156cmの場合は13%、DAYMAKER LYT 156cmでは8%軽量化とパフォーマンスの向上に成功している。LYT TECHが採用されているモデルは、KIZAMU、ANYTHING、EVERYTHING、DAYMAKER、 SHINE、 DIA、 COURSE、SPRING、CLOVERである。採用されているモデルにはモデル名にLYTと入っている。
ブーツの場合は、アウトソールを飛躍的に軽量化している。メンズモデルは約90g前後ウーメンズモデルは約60g前後の重さである(サイズによって若干の差がある)フライライトソールを採用し、史上最も軽量で快適性の高いソールである。高い衝撃吸収性能も備えている。採用されているモデルはFOUR BOA(フォーボア)、 FOUR BOA WMN(フォーボアウーメン)、ONE BOA(ワンボア)、ONE BOA WMN(ワンボアウーメン)、SCOUT BOA(スカウトボア)、GALORE BOA(ガロアボア)、CLOVER BOA(クローバーボア)である。

各モデルの詳しいコンセプト、特徴はこちら

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp