18-19モデル「FIVE BOA」中級者以上が使える柔軟なブーツ

18-19モデル「FIVE BOA」中級者以上が使える柔軟なブーツ

head Snowboardsが提案する中級者以上が使える足首の可動が柔軟なブーツ。それが「FI VE BOA」だ。ユニセックスモデルになっていてガールズサイズからラインナップされている。ターンが出来るようになり、カービングターンを練習したい、グラウンドトリックを練習したい、ジャンプでグラブが出来るようになりたい、ゲレンデの脇にあるパウダーエリアも入りたいというレベルであれば十分に性能を発揮できる。中級者から上級者用のブーツを選ぶにあたり、ブーツのフレックスがだんだん硬くなっていくのが一般的だ。それは、レベルが上級になるにつれて滑るスピードが速くなるため、必然的に硬めの設定になっていく。しかし、中級者以上のレベルの方でも柔らかいブーツを好むユーザーは多くいる。パウダー向けにコンセプトされたブーツは、柔らかい設定のモデルもある他社でも存在する。head Snowboards 「FIVE BOA」は、ターンで上下動を大きく使いながら柔軟なターンを楽しんだり、グラブターンを楽しんだり、サーフライクなスラッシュを楽しめる仕上がり。また、グラウンドトリックやジビングでのスタイルを重視するユーザーにも満足いただけるモデルなのだ。低速でも操作性が十分発揮できる構造を採用し、head独自の機能が搭載されている。それでは、紹介していこう。

 

ブーツのアウター部分において、縫製を極限まで減らすことをコンセプトしている。ブーツの防水性において非常に大きなコンテンツになる。縫製部分から水の侵入を防ぐことで、足先を冷やし、パフォーマンスの低下、怪我のリスクを軽減することができる。紐のブーツやスピードシューレースの紐部分は水分を吸収し、気温によっては凍ることもあり、防水性は低いと考えられる。BOAフィットシステムは水分を吸収しないため、防水性が高いことも証明済みだ。防水性の高いブーツは耐久性も高いことは理解していただけるだろう。防水性はブーツにおいて、非常に大事なステータスだ。

「FIVE BOA」は、足の甲部分とスネ周りを閉め分けすることで可動をスムーズにしている。足の甲部分にはBOA®︎INSTEP GRASPを採用し、スネ周りにはPROGRESSIVE POWER STRAPでホールドする。上下で締め分けをすることで足首の可動をスムーズに行うことができるのだ。

head独自のパワーストラップは他社とは大きく違うところがある。

スネ部分に配備している2本のパワーストラップがある。上のパワーストラップに注目をしてほしい。

上部のパワーストラップがブーツのインナーの間を通り、ふくらはぎを通りおおよそ360度からのホールドを可能としているのだ。一般的なモデルのベルクロ採用モデルはスネ部分を締めることのみを目的とし、ふくらはぎ周りへのサポートはされていない。head独自のパワーストラップはフィッティング、ホールド、パフォーマンスにおいて非常に優れている。

Rider/赤川隼多

使用モデル/FIVE BOA

足をコンパクトに曲げながら、360度方向へ動くライダーの足をサポートし、パワーをしっかりと伝達してくれる

足の甲部分をフィッティングするBOA®︎INSTEP GRASPは、外くるぶしのあたらいにダイヤルが付いている。BOA®︎フィットシステムの特徴としてBOAダイヤルに近いところを強くホールドする特徴を持つ。足首に近いところにBOAダイヤルを配備することで足首をしっかりホールドすることが可能となる。

アウターに搭載された2つの機能が足首の可動、フィッティング、パフォーマンスを最大限に発揮する要因である。

インナーにはパーフェクトフィットコントロールを採用している。インナーシューレースガイドからふくらはぎ部分への反応とサポート力を得れる仕様になっている。

足の幅を調整するベルトが配備されている。自分の足の幅に合わせてベルクロを調整することができる。左右の違いやソックスに合わせて微調整できるのが嬉しい。

インナーは熱成形可能な素材を採用している。80度で5分温め、ブーツを装着し、冷えるまで待つことで足型に整形される。headとしてのオススメは、自分の体温でなじませていく方法だ。履けば履くほどに足型に馴染み、快適なスノーボードを楽しむことができる。

「FIVE BOA」はどんなライディングに適しているのだろうか?

様々な斜面に対して、身体をあわせながら足首を曲げ滑るフリーライディングに適している。ハイスピードでパンピングをしていくライディングではなく、地形に合わせて、必要な姿勢を表現していく滑りに適している

Rider/赤川隼多

レイバックやスラッシュ、ハンドプラントなどのトリックに柔軟に対応できる

Rider/赤川隼多

遊び心のあるスライド系トリックにも適している

Rider/赤川隼多

低速で行うグラウンドトリックにも「FIVE BOA」の柔軟性とパワーストラップのレスポンスは効果的に機能する

Rider/赤川隼多

不安定な状況でスピンを生む先行動作にも「FIVE BOA」が効果的に機能する

Rider/赤川隼多

一般的にスノーパークにあるサイズのジャンプであれば十分対応が可能だ。1m-10mまでのキッカーでは安定性は十分である。合わせて、グラビングを容易にし、ひねりを作ることも可能にしてくれる。

 

「FIVE BOA」にベストマッチなビンディングは「THREE BOA」である。お互いの柔軟性を引き出し、確かなパフォーマンスを可能とする。ブーツ形状とビンディングの形状も最適であるため、ユーザーのパフォーマンスを最大限に発揮する