18-19モデル オレンジカラーが映える「MOUNTAIN」徹底解説

18-19モデル オレンジカラーが映える「MOUNTAIN」徹底解説

「SLAB.ONE」をさらにアグレッシブなライディングに進化させたモデルが「MOUNTAIN」。パウダーだけでなく、アイシーなコンディションやスティープな斜面を攻めることができる。SP Bindingsのアンクルストラップの中で一番広く、しっかりとしたホールドを持つストラップを採用している。

18-19モデルからAdventureシリーズとし、オレンジカラーをビビットにカラーリングしたモデルが登場している。視界の悪いコンディションやパウダーエリアにおいて、万が一の場合に発見ができるようにと「コンセプト」されている。このカラーリングは人気もあり、好んで使用している人も多いだろう。ウェアーのふくらはぎエリアをオレンジで演出することも楽しめる。

基本的な性能は「SLAB.ONE」と同じ仕様である。アンクルストラップをMOUNTAIN専用ストラップにアップグレードされている。アンクルストラップをより広範囲に広げ、広い面積のアンクルストラップが大きく、強くホールドすることを可能とする。ハイスピード、アイシーな斜面や荒れたコンディンションで頼れるホールド性を発揮する。

ベースプレートやハイバック、トゥーカップは「SLAB.ONE」と同じ仕様である

詳しい「SLAB.ONE」こちら

18-19モデル「SLAB.ONE」徹底解説

カラーバリエーションにブラックも

あなたは「SLAB.ONE」「MOUNTAIN」どちらが好みですか?

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp