18-19モデル 「PILOT」徹底解説

18-19モデル 「PILOT」徹底解説

18-19モデル head Snowboards 「PILOT」を徹底解説。head Snowboardsのラインナップの中でフリーライディングモデルとしてコンセプトされいる。カービング、ハイスピードフリーライディング、パウダー、ジャンプ、ハーフパイプを得意とし、中速以上のスピードで滑走するための設定になっている。

形状にはHybrid Camba POP形状を採用

カービング性能が高く、フリーライディングにおいて雪のスプレーを飛ばしたり、オーリーの高さをサポートする形状である

ソールには滑走性の高いシンタードソールを採用。滑走性を重視するためダイカットソールは使用していない

インサートホールを調整し、滑りに合わせてスタンスを調整可能

head Snowboadsはボードのウェイトコントロールを調整して、パフォーマンスを高めることを大事にしている。モデルコンセプトに合わせて調整している。

PILOTはノーズエリアを軽量化することによりパフォーマンスを向上させている。ヘキサゴナルコアをノーズエリアに配備、十分な耐久性を維持し、一本あたり約200gの軽量化に成功している。パウダーを滑る場合、ノーズが軽い方が両足で荷重した場合、ノーズが浮きやすい。つまり、浮力が得られるというこ。また、フリーライディングにおいて、ターン導入時に前足を踏み込んだあとは後ろ足への荷重が大事になってくる。カービングの最後で板が抜けないようにエッジにパワーを伝えるには後ろ足に荷重をする。つまり、テールにウェイトがあれば荷重が効率的に行うことが可能となり切れ味抜群なターンを効率的に行えるのだ。PILOTは、全体の重さを200g軽くするよりもノーズ部分を200g軽くする方がパフォーマンスが高まるというのが我々の出した答えだ。プロダクトスタッフと契約選手の度重なるテストの結果である。

さぁ、具体的にはどんなライディングを行うの最適なボードなのか?紹介していこう。

まずはカービングだ。

最後までずれないパワーカービング

Rider/赤川隼多

板をここまで倒してもしっかりとテールに荷重ができているから可能となるカービング

Rider/赤川隼多

圧雪バーンを切り裂くターン

Rider/赤川隼多

安定したターン

Rider/赤川隼多

安定したターン性能があるPILOTはジャンプでも力を発揮する

Rider/赤川隼多

前原大和はパウダー、アイシーな斜面を力強くPILOTと共にフリーライディングをする。彼からのコメントは、あらゆるコンディションでも安定性、力強さを備えていて頼れるボード。ターン性能と直進安定性に非常に優れているボードだと語っている。

Rider/前原大和

パウダーエリアのターン、ジャンプはPILOTを使用している赤川隼多

ハンドプラント以外の映像は全てPILOTの映像だ

 

View this post on Instagram

 

フリーライディングをベースとしたスノーボードを好み、基本的滑走を生かしたジャンプやパイプを楽しむのに「PILOT」が間違いない。少し硬めのフレックス、テールへの荷重の良さがライディングを必ずサポートしてくれる

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp