18-19モデル 多様に使えるウィンターブーツが待望のリリース「OPERATOR」

18-19モデル 多様に使えるウィンターブーツが待望のリリース「OPERATOR」

スノー業界に新たな旋風を起こすべく生まれたオペレーターは、ウィンタースポーツマルチブーツだ。スノーシューイングやソリ、スノーモービルなど雪上のアクティビティーに対応した新コンセプトブーツに仕上げられている。寒いエリアの観光地はもちろん、リゾートで働く方々にも大変価値のある一足と言える。-40度でのテストにも耐え、ずば抜けた性能と高い耐水性、合理的なパルカナイズドデザインは、どのウィンタースポーツにも適した仕様だ。すでに信頼度の高いBOA®︎フィットシステムを採用し、簡単な脱ぎ履きを実現している。

各機能を説明していきます

 

ブーツの下の部分をラバーに仕上げ、極めて高い防水性を実現している

極めて高いグリップ性を持つソールを採用している。また、柔軟なソールのためブーツの動きがスムーズに行うことが可能となる。宿泊施設からスキー場への簡単な運転も可能となる。(※自己責任でお願い致します)

ソールの形はスノーボード用のものです。つまり、ビンディングにもマッチします。簡単なスノーボードやディガー作業でのデラがけや、滑っての移動も効果的に対応します。

簡単な脱着と高い耐久性が特徴のBOA®︎フィットシステムを採用

インナーには脱ぎ履きを簡単に行うため、インナーのタンを外側へ配備している。脱ぎ履きが簡単になるのと同時に足首も曲げやすくなる。歩きやすく、作業もしやすくなる。

-40度にも耐えるほど、保温性に優れているインナーは立ち仕事や冷え症の女性を助ける優れた機能である。

インナーにはスポーツ用のインソールは付属していないため、別売りの一般的なインソールを中に入れるのがオススメです。底冷え対策にも効果的です。また、歩行での疲労軽減、スノーボードやスノーモービルなどのアクティビティにおいてパフォーマンスが高まります。

それでは様々な用途を紹介していきます。

スノーシューイング、ソリ、スノースケート、子供とスノーボードやスキーを楽しむ時、スキー場のディガーやパトロールなどの作業ブーツとして、雪かきや除雪の作業ブーツとして、宿泊施設からスキー場などの簡単な車の移動、スノースクートなどに対応することができます。

雪は降らなくても、寒いエリアのライフスタイルブーツとしてご利用ください。

 

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp