18-19 今さら聞けない基本3形状「CAMBA」「FLOCKA」「 ROCKA」解説

18-19 今さら聞けない基本3形状「CAMBA」「FLOCKA」「 ROCKA」解説

スノーボードの基本的な形状として3種類あります。

キャンバー形状、フラット形状、ロッカー形状です。この基本形状が合わさった形状をハイブリッド形状と言います。今日は、この3種類を解説します。

 

 

スノーボードの基本であり、スノーボード創世記よりある基本形状、王道の形状です。現在のスノーボードにおいて一番の歴史と評価をされています。基本滑走能力、スピード、高さ、反発、安定性において高い性能を備えています。

head Snowboardsでは「HARMONIZE」「TRUE」「PRIDE」がキャンバー形状で「CAMBA」シリーズと呼んでいます。

フラットとロッカー形状を併せ持つフラットロッカー形状をhead Snowboardsでは「FLOCKA」と呼んでいます。

低中速での乗りやすさ、操作性、複雑な自然地形への適応、パウダーエリアでの浮力を備えるモデルです。トリックを楽しむスノーボードから仲間とのクルージング、パークでのジビングを楽しむのに向いています。

head Snowboardsでは「RUSH」「STELLA」をFLOCKA形状です。

足元を真ん中にして、ノーズとテール側が反り上がっている形状をロッカー形状と言います。head Snowboardsでは「ROCKA」と呼んでいます。

抜群の操作性、回転性、逆エッジの回避、パウダーやグラトリでの高い性能を持ちます。head Snowboardsは、ユースやキッズのボードに採用しています。自由な発想や動きに瞬時に対応し、幅広い遊びを楽しめます。

head Snowboardsでは「DEFIANCE YOUTH」「ROWDY JR」「ROWDY KIDS」採用されています。

 

この基本的な3種類の形状を理解することでスノーボードの性能が見えてきます。次回はこの基本が合わさった形状のハイブリッド形状を紹介します。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp