臼井裕二デモから「ターンを磨く」アドバイス バックサイドターン編

臼井裕二デモから「ターンを磨く」アドバイス バックサイドターン編

JSBA公認デモンストレーターを7期連続で務める臼井裕二デモにフロントサイドターンについて意識していることをインタビューしました。

バックサイドターン編

photo by EarthColorShooting

1.ターンに入るときに意識すること、気をつけないといけないことは?

足場を確保しながらターンに入る事を意識しています。過度な角付けをしないように、前足を伸ばし過ぎない様に気をつけましょう。前足を伸ばし過ぎるとボードのノーズ部分が雪と喧嘩します、ブレーキ要素が大きくなるって事ですね。

足場を確保し、準備を整えてターンに入り、踏みすぎは禁物。前足は伸ばしすぎない。具体的に言ってもらえると意識がしやすいです。

2.ターン中盤で意識すること、気をつけないといけないことは?

猫背になりすぎない様に意識しています。手や腕でもバランスは取れますが大事な事は腹筋や骨盤を上手に使う事ですね。足元だけターン外側に放り出すようなエッジングは要注意です。身体全体の重みが外にあるボードに押し付けられている感覚が大事です。

体幹をうまく使ってバランスを取る。足元だけ外側に放り出すと膝も伸びるし、リカバリーがしにくくなりますもんね。「身体全体の重みが外にあるボードに押し付けられている感覚」これを感じながらターンできるように意識します。

 

3.ターン後半で意識すること、気をつけないといけないことは?

ボードが自分のコントロール下にあるかどうかを意識しています。つまり、すぐに引き付けたり、ひねったり出来る状況かどうかと言うことですね。浮力を伴った様な感覚の切り替えをするようにしてます。角付け過多にならない様に気をつけましょう。

常にリカバリーができる状況ということですね。「浮力を伴った感覚」これはレベルの高い話ですね!感じたい!笑 角付け過多も気をつけましょう。

4.一般的に良くありがちなミスって何ですか?また、改善方法は?

下半身の軸(倒し込み)が強くバランスを崩すミスですね。これは初心者さんの横滑り時のミスに要素が似てます。かかとを身体から遠ざける量とボードの角付け量が合っていないときに起こります。各関節の曲げ(タメ)を意識し上下運動を練習しましょう。各関節による角付けの維持、衝撃吸収動作の確認。つまり検定会の練習が有効だと言う事ですね。

かかとはお尻にある程度、近い距離にあるイメージがいいということですね。かかとが遠くなるとバランスを崩しやすいですね。検定会の練習があるのですね。ぜひ、臼井さんのスクールや各スクールでのレッスンを受けてみるのもいいと思います。

5.ターンを通して一番大切なことは?

常に「マージン」を持ちながら滑る事ですね。バックサイドターンはフロントサイドに比べ使える関節が少なくバランスが取りづらいです。雪に触れているバックサイド側のエッジよりも、「フロント側のエッジがどのくらい雪から離れているのか」という事を意識しながら滑るのが一番大切ですね。そうする事で足首等の関節に意識がいきます。エッジを立ててもソフトなターンを目指しましょう。

感覚を研ぎ澄まして、雪面と板の関係を感じることですね。バックサイドは使える関節が少ない。確かにそうですね。ソフトなターンですね。関節を多く、使って柔らかく滑ってみようと思います。

photo by EarthColorShooting

6.バックサイドターンを上手くなりたい人へメッセージを!

柔らかい雪質で滑る時間を増やしましょう。そして写真等の「一瞬」だけのイメージでなく流れをイメージし身体を動かしましょう。ボードの特性によって軸の位置(前後ポジション)が変化します、ビンディング特性やセッティングの影響が大きく出ます。柔らかい雪はそれらを教えてくれますので「チャンス」だと思って楽しみながら滑ってみて下さい。「いかに軸を入れずに深いターンをするか」ですね、基本をしっかり練習する事でバックサイドターンは上手になっていきますよ。

「いかに軸を入れずに深いターンをするか」を意識しながら動画を見てイメトレですね。柔らかいところを滑ることも大事なんですね。ただ、楽しむだけではなくいろいろ感じながら滑りたいと思います。

2回にわたり、ターンについてのアドバイスをありがとうございます。言葉が深いので中級者以上の人には大きく響いたと思います。実際に滑りを見てもらいながら生きた言葉がほしいと思ってしまいました。いつか直接、指導をお願いします。

臼井さん、これを読んでくれた皆様ありがとうございました。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA