17-18モデル スノーボードライフをスタートさせる「DAYMAKER」「SHINE」

17-18モデル スノーボードライフをスタートさせる「DAYMAKER」「SHINE」


兄妹的存在である「DAYMAKER」と「SHINE」は同じコンセプトで作られています。メンズモデルがDAYMAKER、レディースモデルがSHINEです。スノーボードをスタートする時のブーツ選びは「柔らかいブーツがいい」「足首の曲がるブーツがいい」と言うのが一般的です。同様にスノーボードもある程度、柔らかいものを選びます。head snowboardsが提案するビギナーへの道具の選び方は、「板のねじれ(トーション)が柔らかいものを選ぶ」です。スノーボードのほとんどのコントロールを足首を使って板をねじることで操作していきます。写真を見てください。

「板がねじれているのがわかるでしょうか」

背中を山側に向けてかかと側のエッジで立った時、ノーズを谷側に向ける場合は(レギュラースタンスの場合)以下の写真のように左足(前)のつま先側に足を踏み、右足(後ろ)はつま先を起こすようにします。そして体重を左足に乗せると板のノーズが自然と谷側に向いていきます。これが最初のスノーボードの難関です。このように90パーセント以上のスノーボードコントロールは板をねじることがポイントになります。ターンの最中、ターンとターンのつなぎ、スタート、ストップと、トーション(ねじれ)を使いやすいことが効果的に作用します。


DAYMAKERとSHINEのHybrid Camba DCT形状とフレックスは、初心者がスノーボードを覚えるのに最適な仕様になっています。ターンができるようになれば中速域までは安定したライディングが可能なフレックスに板を調整してあるので、十分にスノーボードを楽しむことができます。

DAYMAKER、SHINEはスノーボードをスタートするのに最適です。また、レンタルスノーボード経験があり、これからスノーボードを上手くなりたいと言うユーザーにも適しています。初中級レベルのユーザーがスノーボードを楽しむのに選んでほしいモデルです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA