17-18モデル進化を遂げた「INSTINCT I.KERS」

17-18モデル進化を遂げた「INSTINCT I.KERS」


head独自のシェイプであるHybrid camba  DCT形状の最上位機種である「INSTINCT i.KERS」は、head snowboardsのハイテクノロジーを集約させた最先端ボードです。オールマウンテンフロントサイド(オールラウンドゲレンデライディング)とカテゴリー分けし、あらゆるゲレンデライディングをこなすオールラウンドボードに仕上がっています。

<Hybrid Camba DCT>


両足下にキャンバー形状、センター部分をフラットでつないでいます。通常のダブルキャンバーのセンター部分はロッカー形状になっています。DCT形状は、トーション(板のねじれ)にコンセプトを置いています。ロッカー形状よりもフラットにすることで板をねじれやすい設定にしています。さらにセンター部分のサイドカーブを片側2mmづつ細くすることでトーションを最大限活かせる構造になります。スノーボードのほとんどの操作は、板がねじれることで行います。最小限の力でコントロールができるということは、残りの力を違うところに使うことができ、ボードコントロール性能が格段に上がります。トーションを生かす構造から生まれたDCT形状は、サイドカーブにくびれの段を持ち、抜群のエッジングをも発揮します。カービングや回転力を生むスピン、ジャンプでは確実に雪面を捉えてくれます。
これがDCT形状の特徴です。

<FRAMEWALL>
DCT形状の特徴を最大限生かすテクノロジーがフレームウォールです。パワー伝達効率を高めることで「操作性」「ねじれ」「エッジング」「安定性」をさらに引き出すことを可能にします。

<KERS、INTELLIFIBERS>
ノーズとテールに配備されているKERS。ノーズとテールの板のしなりをエネルギーに変換し、反発力としてパワーを解放するシステムです。ターン後半やRで板を踏み込んだ時に体を加速させてくれ、オーリー時には体を一段高く持ち上げてくれます。また、着地の際のリカバリーにも対応し耐えてくれるという特徴を持ちます。また、INTELLIFIBERがノーズとテールに配備され、インテリファイバーが振動を感知する事でボードを安定させます。低速や圧雪されたバーンではフレックスをそのままに操作でき、高速スピードの時や荒れたバーンはもちろんのこと、ジャンプの着地では抜群の安定感を提供してくれます。

17-18モデルのINSTINCT I.KERSの大きくアップグレードした理由は「HEXLIGHT」です。


ノーズとテールにHEXLIGHTを採用し、その部分が軽量化されていることを表すイメージ写真です。

通常のボードにはウッド素材が使われています。ノーズとテール部分にウッド素材ではなく、ハニカムコアを使用することで約200gの軽量化に成功しました。ハニカムコアで軽量化をし、グラフィンを使用する事で十分な強度を保つことができます。もう一つのポイントはウェイトコントロールです。過去、通常の考えでは、ボード全体のウェイトを軽量化しましたが、ヘッドの軽量化へのこだわりは、ボードの形状・特性を考慮した部分を軽量化し、ボードコントロール性能を向上させるという点です。このINSTINCT i.KERS は、ノーズとテール部分を軽くすることでスノーボードの操作性(回転性)が格段にアップしました。スウィングウェイト(板を回転させる時に必要な力)を大幅に軽量化することに成功しました。板を持った状態でも軽量化を感じるのですが、この軽さは滑ってみるとより感じることができます。ターンの切り返しやオーリー、スピン、グラトリなどで驚きの軽さを実感します。

<head独自のHybrid Camba DCT>ねじれを生かした操作性と確かなエッジング

<FRAMEWALL>パワー伝達効率を高め、効率的な荷重と抜重

<KERS>ノーズとテールの反発力と粘りの向上

<INTERIFIBER>高速安定化

<HEXLIGHT>ボードの軽量化と操作性の向上

以上のテクノロジーが最高のオールラウンドモデルに導きました。

<オススメユーザー>

  1. 中級者以上でオールラウンドに、アグレッシブに滑りたいユーザー
  2. 楽にカービングがしたいユーザー
  3. グラトリを極めたいユーザー
  4. パークでのスピントリックを極めたいユーザー
  5. ジビングでプレストリックやスピン系トリック、スタイルにこだわりたいユーザー

使用ライダー
赤川隼多(ジャンプ、グラトリ、ジビング、ナチュラルジャンプ)
中村一樹(ジャンプ、ジビング、ナチュラルジャンプ)
進飛鳥(ジャンプ、地形遊び、フリーライディング)
藤原恵利華(ジャンプ、地形遊び、フリーライディング、ジビング)


Rider Shunta Akagawa (Instinct i.kers/SEVEN BOA/NX FIVE)
操作性抜群、板のトーション(ねじれ)を使うことができるのでトゥイークのように捻るトリックは形が決まります。


Rider Kazuki Nakamura (Instinct i.kers/SEVEN BOA/NX FIVE)


Rider Asuka Shin (Instinct i.kers/FIVE BOA/NX FIVE)

トーションを生かしたスタイルから270 OUTを行う直前の写真です。上半身をリードし、下半身を絞り、トーションの反発を生かして270 OUTをします。スタイリッシュな形につながり理論的な動きがスムーズさと精度の高いトリックへ仕上げます。

この記事に関してご質問等ありましたら以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA