「佐藤圭× SPlit スペシャルインタビュー」

「佐藤圭× SPlit スペシャルインタビュー」

photo-13-05-2016-16-28-10%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Key Sato

北海道出身、現在は上富良野をベースにフォトグラファーとしての活動をしている佐藤圭。クレジットネームはKey Sato。スキー、スノーボードをメインの被写体にし、世界中を旅している。北海道エリア、アラスカ、近年ではインドのカシミール、アイスランド、モロッコなどを撮影のため訪れている。数多くの雑誌では表紙を飾り、メディア各媒体に多くの写真が掲載されている。また、「Ride the Earh 地球を滑る旅」では、制作、フォトグラファーとして活躍している。アラスカでは過酷なコンディションの中、スキーヤーやスノーボーダーと共に山を登りスプリットボードを操り、SP BindingsのSPlitを愛用している。道具に命を預けているといっても過言ではない、佐藤圭が愛用するSP Bindings 「SPlit」に対しての想いをインタビューをした。

img_1371

Key Sato

photo-18-05-2016-14-45-30%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

佐藤圭が実際に使っている時の写真。大きなカメラバッグを背負って山をハイクアップしなければならない彼にとって、スプリッドボードは必需品。なぜなら!?板を背負ってなんて登れないからだ。

Q1  SPlitはどんなライディング(撮影)をするときに選んでいる?

バックカントリーでスプリットボードを使用するとき100パーセント使用しています。

Q2  カメラバッグを背負って移動する時やバックカントリーのフィールドでビンディングに求めるものは?

全ての行動が素早く行動が出来るもの。

Q3  スプリット装着や歩くとき、バックカントリーでの使用感は?

最高です笑 リアエントリー+バックルでのフィット感ホールド感もかなりよく滑りも安心。あ、もちろん着脱も素早く行えるので。今まで色んな物を使用してきましたがパーフェクトです

Q4  実際、滑る時のフィーリングは?

普通のバインと変わらなくライディングできると思います。

Q5  クランポンについての使用感は?

平坦な場所では、つけませんがそれ以外の場所ではなるべくつけて歩くようにしています。少し斜度が出てくると横滑りしてしまうことがありそれを防止してくれるので。軽いのでつけていても気になりませんので。はずすのも慣れるとブーツを脱がなくても出来ます。

Q6  SPlitを使用してくれている人、または興味がある人に一言!

とにかく着脱がはやくて山の作業でのストレスがないです。リアエントリー+バックルでフィット感ホールド感もよく滑りも安心感があります。

今日は貴重なインタビューありがとうございました。

この記事に何かご質問・ご相談がありましたら、以下までご連絡ください。
faq@uspj.co.jp

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA