どてちん岩原×sLAB.one インタビュー

どてちん岩原×sLAB.one インタビュー

芸能界最強のスノーボーダー!

鳥取の横乗りを背負い、イベントを盛り上げたり、今シーズンはダブルコークにも挑戦するというどてちん岩原。お笑い芸人だけにお笑いと滑ることは得意とする。

性格は実に真面目でスノーボードと真剣に向き合い、何よりスノーボードが本当に好きな男である。特別な分野を作らずスノーボード全般を楽しむ”どてちん岩原”が、sLAB.oneを好んで使っている。

なぜ、彼がsLAB.oneを選んで使っているのかをインタビューしてみた。

どてちん岩原×sLAB.one

Q1 sLAB.oneはどのようなライディングをするときに選んでいますか?
山で自由にラインを描きたいとき(フリーラン)、重力に逆らって舞いたいとき(パーク)には欠かせない僕の最高のパートナーです。

Q2 お気に入りのところはどこ?
ヒールカップがないので動きが出しやすいところ。ベースプレートが本当に薄くて足裏感覚がダイレクトに伝わるところ、「え?もうビンディングつけたの?待って待って〜」と言われるところです!笑

Q3 ジャンプが好きですよね?
重力に縛られるのが嫌なので!人生がもはやどうにもならない雁字搦め状態なので、スノーボードの時くらいは自由に飛びたいです。

Q4 得意技は?

ダブルコークです

Q5 sLAB.oneと、どてちん岩原が最高のパフォーマンスを発揮するときはどんなとき?
フリーランでもジャンプでも動きが出せるsLAB.oneで、トーションを(板のねじれ)意識できるようになった時が、最高のパフォーマンスを出せるときです。トーション使えるのがうまいやつ!うまいやつは、sLAB.oneを最大限に活かせる!!!それと、横回転のエアで高さが出るようになりました!板をエッジのみの点じゃなくて、板全体の面で使えるようになって、エッジに乗りながらも面で板を弾けられるようになったので横回転での高さが変わりました。足が横からもホールドされてるので、アプローチでラインを取る時に横に動いても板がずれないのでパワーロスなくオーリーに繋げられるようになりました。

なんかライダーみたいなこと言ってますね。ありがとうございます。

今後の活躍を期待しています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA